主要サービス

  1. TOP
  2. 主要サービス
  3. 洋上風況データ取得サービス


フグロは、海の波や流れなどの海象観測ブイプラットフォームにドップラーライダーを搭載したSEAWATCH Wind LiDAR Buoy(WLB:ウインドライダーブイ)を用いて、コストパフォーマンスに優れ、信頼できる風況データ取得サービスを提供しています。 SEAWATCH WLBは、再生可能エネルギー産業に適合した次世代多目的ブイです。このブイは、風力発電風車ローターの直径を横切る風の風速と風向を精度良く計測する他、センサーが波浪や海流プロファイルのような海洋のパラメーターを提供します。


SEAWATCHウインドライダーブイの特徴


  • 洋上風力資源や風車デザイン設計のためのデータ取得
  • ライダーにより12.5m~300mの任意に設定可能な10高度の風況を観測
  • マストにより2.5m、4m、5mの風況を観測
  • 波況及び流況などの海洋観測項目も設定可能
  • 全ての計測データをブイ上で処理
  • 双方向通信によるデータ転送及びコントロール
  • リアルタイムでデータを転送・表示
  • センサー及び取得データをフレキシブルに設定可能
  • モジュール式の構造で運搬と取扱いが安全で簡単
  • 全天候型で最高最低気温においても信頼できるデータを取得
  • 安全性向上のための位置追跡機能付き
  • Wavescanブイプラットフォーム(ブイ本体)は30年以上の実績
  • 9か月のメンテナンスフリー連続観測が可能

SEAWATCHウインドライダーブイは2015年1月に風況データの精度に関してDNV-GL社の認証を取得し、カーボントラスト社の浮体式ライダー商用化のロードマップの中でStage 2 Pre-commercialに位置付けられています。


主な導入メリット

  • 風況観測タワーに比べ導入コストが安い(建設・解体コスト不要)
  • 設置場所を選ばない(地盤調査不要)
  • 導入準備期間が比較的短い(およそ6ヵ月)
  • 別な位置に移動させて観測が可能

実績


# プロジェクト クライアント 期間
1 Offshore Wind Lidar buoy trial- IJmuiden met mast オランダ ENECO 2014/4/11~10/27
2 Wisting field, Barents Sea ノルウェー OMV (Norge) AS 2014/10/15~2015/1/31
3 Navitus Bay イギリス Navitus Bay Ltd (ENECO+EDF) 2015/2/9~12/26
4 Borssele Lot 1 オランダ RVO(オランダ政府) 2015/6/11~2017/2/27
5 Borssele Lot 2 オランダ RVO(オランダ政府) 2016/2/12~6/22
6 Hollandse Kust zuid A オランダ RVO(オランダ政府) 2016/6/4~
7 Hollandse Kust zuid B オランダ RVO(オランダ政府) 2016/6/4~
8 Baltik III ポーランド Polenergia 2017/1/14~
9 Hollandse Kust noord A オランダ RVO(オランダ政府) 2017/4/8~
10 Hollandse Kust noord B オランダ RVO(オランダ政府) 2017/4/9~
11 East Anglia THREE イギリス East Anglia THREE(Scottish Power/Iberdrola) 2017/5/10~
12 HornSea 3 イギリス Dong Energy 2017/7/3, 4~

風況観測の主な項目


フグロの洋上風況データ取得サービスでは、以下のデータを取得し、データの10分間平均値がほぼリアルタイムで専用のサーバーに送信されます。データの確認もほぼリアルタイムで可能です。


風況・気象データ 単位 海洋データ 単位 ブイの姿勢 単位
高度nの風向 度(角度) 流向 度(角度) 平均ロール(横揺れ) 度(角度)
高度nの水平風速 m/s 流速 m/s 最小・最大ロール 度(角度)
高度nの水平最小風速 m/s 最小流速 m/s 平均ヨー(船首揺れ) 度(角度)
高度nの水平最大風速 m/s 最大流速 m/s 最小・最大ヨー 度(角度)
高度nの水平風速の標準偏差 m/s 流速の標準偏差 m/s 平均ピッチ(縦揺れ) 度(角度)
気温 有義波高(Hs 1/3) m/s 最小・最大ピッチ 度(角度)
気圧 hPa 波の向き 度(角度)
平均有義波周期
最大波高 m
波浪スペクトルピークエネルギー m2/s
スペクトル有義波高 m


上記のほか、乱流、硝酸塩、pH、クロロフィル、酸素などを追加のセンサーにより計測することができます。